忍者ブログ
上海に住む日本人が、地元の法律事務所で日本人駐在員に労務コンサルタントを通して、現地企業のお悩みにお答えする。 お仕事日記。
Admin / Write / Res
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
河野 育江
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/06/20
職業:
コンサルタント
趣味:
料理、読書、デジカメをいじる、日記を書く
自己紹介:
ブログ内検索
P R
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 皆さん、おはようございます。
今朝届いたメルマがから、感じたことをお届けします。

↓ここから
心理学者たちは、「人間は、成功しようと努力
 している時が一番幸せなのだ」という結論を出しています。
 仕事をやり遂げた後の充実感よりも
その仕事をやり遂げようと努力した事に満足するというのです。
 世のため、人のために役に立とうとした努力が、
実は自分に恩恵として返ってくるのです。
 それは、
『人の役に立てた、
私がやらなければその恩恵にあずかれなかっただろう。』
という思いから生まれる充実感として返ってくるのです。
 
 ↑ここまで
 
 これを読んで、なるほどなと思いました。
 仕事をやり遂げようとする途上というものは、
 最初は馬力がいるが、
ある境地に達するとランナーズハイみたいな状態になります。
そして、ゴールに到達しないと、
安心できないものです。
 
実は、昨年私は個人的に友人のイベントをお手伝いしていた時、
これと同じ境地に達した事に通じています。
主催者が一番その境地を感じていたことはもちろん、
共にイベントに携わった人は皆、
イベントが終わるまでランナーズハイ状態でした。
 
こうした経験が仕事でできないなら、
個人レベルで味わって、
それを普段に持ち込んで仕事に活かしたらいいと思うわけです。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  労務セラピストのつぶやき All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]